【ディセンダント1】悪役の子供たちはいい子?テンション上がるミュージカル映画【映画】

こんにちは~

だんだん寒くなってきましたね、少し風邪気味です..(笑)

今日はずっと気になっていた映画を見てみました

ディズニー映画の悪役の子供たちの話。いろんな物語のキャラクターが出てきて見ていてとても楽しかったです!

個性豊かで見応えがありました。

今日の映画

ディセンダント1

あらすじ

ディズニー・ヴィランズ(悪役)に子供がいて、彼らがもし十代だったら…」という設定のもとストーリーが展開する。それ故に複数のディズニー作品の世界や人物が同一作品内に収まっており、英雄たちはアダム国王の統治するオラドン合衆国に、悪役たちはロスト島と呼ばれる場所に住んでいる。

島に隔離されて育ったマルたち四人はある日、本土にあるオラドン高校へ通うように言い渡される。直に王位を継ぐアダム国王の息子ベンが「悪役たちの子供にチャンスを」と彼らを招いたのだった。嫌がるマルだったが、彼女に「フェアリー・ゴッドマザーの魔法の杖」を手に入れさせようと企む母マレフィセントに諭され渋々了承する。

高校に通いながら杖を奪う機会を狙うマルはベンの戴冠式がそのチャンスであると知り、彼の恋人となって式に入り込むことを思いつく。惚れ薬を使い作戦は成功したものの今度はマル自身がベンの誠実さ、素直さに惹かれ始める。(引用:Wikipedia)

ざっとまとめると悪役の子供たちが、母や父の世界征服を果たすため渋々、英雄たちが育ったオラドン合衆国にあるオラドン高校に転校する話。

主な登場人物

ヴィランズ(悪役)の子供たち

  • 『眠れぬ森の美女』のマレフィセントの娘マル・バーサ
  • 『白雪姫』の女王の娘イヴィ
  • 101匹わんちゃん』の悪女の息子カルロス
  • 『アラジン』の悪役ジャファーの息子ジェイ

オラドン合衆国

  • 『美女と野獣』の息子ベンジャミン
  • フェアリーゴットマザー、高校の校長
  • フェアリーゴットマザーの娘、ジェーン
  • シンデレラとチャーミング王子の息子チャド

見た感想

本当の王子様ですか、美しすぎませんかと言わんばかりのイケメンさ。最初から最後まで見とれていました..

ベンジャミン役のミッシェルホープとってもかっこいい。

https://instagram.com/mitchellhopeofficial?utm_source=ig_profile_share&igshid=1lxeo0v4f223o

このキャラは誰の子で、そういう繋がりがあるんだと楽しみながら見ることが出来ました。いろんな物語が詰まっていて面白い!

今回の話は、オラドン合衆国の王の息子ベンジャミンがヴィランズ(悪役)の子供たちにもチャンスをと4人、高校に招待するところから話が始まる。

子供たちに罪はない!自由に生きていいはずと強く断言するベンかっこいい。

ごめんなさい、かっこよすぎて王子ばっかり語ってるけど本当に素敵なの。( ˘-˘ )

悪しか選択肢のなかったマルは心優しいベンが言う言葉にどんどん心を動かされる。本当に愛を持った人だなあと..私まで心を動かされた。

ぼくらは自分がどうなるか決められるんだ。

ベンのこの言葉は本当にすき。素敵。

この映画は、チャンスをくれる映画だった。

そして歌!

始終かっこいい。ノリ良くて、ダンスもキレがあってかっこいい音楽と共に物語が進んでいく。最初のノリノリの歌も、最後の心が動かされるノリノリの歌もすき。

ダウンロードしようかな..

最後に

見る映画ないなあ、ミュージカル映画みたいなあという方に見ていただきたい!

そしてこの映画に出てくる人達みんな綺麗でかっこよくて、とても魅力的。何回見ても飽きない映画..変わりたい、変わるのがこわい、勇気が出ない、なんて思いを抱えてる人。見て欲しい。

わたしもベンのような心優しい人になりたいなあ。

今日はここまで!今回も読んでくれてありがとう~

ついに10記事超えました。なにか人のためになる記事を書いていけたらなあと思っているんですけどなかなか。これからもよろしくお願いします。(*ᴗˬᴗ)⁾⁾⁾

最新情報をチェックしよう!