SNSに疲れたらアプリを消してみる

「もうTwitterやめたい」という呟きをよく見かけます。

なぜやめたいのにやめないんだろ?という疑問から。

わたしが中学生のころからスマートフォンを皆が持つようになり、いままでsnsに浸透してきた生活を送ってきました。

授業の持ち物も、待ち合わせするときも、どこかに行きたい時も、時間を潰したい時も、携帯さえあれば、言い換えると携帯がない世の中を考えられない気がします´。・・。)

そんな中よく使うのがsnsTwitter
常にとっっても楽しい!って感じではないですよね。新しい友達が出来たときや、素晴らしい投稿を見た時はやっててよかったと思うけども。

でも離れられないんですよね~。不思議な魔力のようなものを感じる..時間泥棒!いつのまにか1時間2時間経ってる!

狭義には、SNSとは人と人とのつながりを促進・サポートする、「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供するウェブサイトも含まれる。(引用:Wikipedia)

また、Twitterに関しては、緩い「繋がり」(人間関係)[2]が発生し、広い意味でのSNS1つといわれることもあるが、Twitter社自身は、「社会的な要素を備えたコミュニケーションネットワーク」(通信網)であると規定し、SNSではないとしている[3][4](引用:Wikipedia)

sns(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のいいところは本来は出会えなかった人と出会える。そして気持ちの共有や自分のことを伝えることが出来る点。そしてリアルでは言えないことも言えることが多い、

私はそんなtwitterSNSが大好きで生活の一部のような感じ。でもそんな中離れたいのに離れられない、気になってずっと携帯をやってしまうという経験がある。離れられない理由をいくつか上げてみた。

 

離れられない理由

1.仲がいい人と話せるのはsnsしかないから

リアルで知り合った人達とのアカウント。そしてネットで知り合った人達とのアカウント。

と言う風にアカウントを使いこなしてる人もいますよね。

私は、LINEFacebook以外はネットの人と繋がるアカウントを使っているのでこの理由が上げられました。

2.更新したものを見ないと置いてけぼりな気がしたから

気になるんですよね!
だって気になってフォローした人達の投稿みたい!けど、皆決まった時間に投稿する訳ではないから
『あ、投稿された。またされた、あっ、まただ』

と言った感じでズルズルやってしまうことが多いです。

3.暇だから

この場合は仕方ない()

4.携帯開けたらsnsを開くのが義務化していたから

画面開いて無意識のうちにTwitterのアイコンタップしてる事。わたしがそれが日常化してしまっていて、常に開いていました。

必ずしも悪いと言ってるわけではないけど、ある程度距離を置くことで、ムダなストレスが軽減されます。

ある人に意見を聞いてみたところ、リアルに居場所がなくネットの世界に依存してしまうと言っていました。理由は人それぞれ。。

snsTwitterでは、ポジティブな投稿もあればその反対のマイナスな気分の投稿もあります。それに感化されてしまい疲れてしまうことが多い..

SNSに疲れた時にやってほしいこと!

わたしがやってみたことは、アプリを消すということ。
これだけで1日何分かという時間に抑えることが出来ました。
web
をひらいてTwitterにログインして、という作業が間に入る状況を作ることで依存から離れることができました。これとっってもおすすめ!

あまり開かなくなると時間が増える。

やらなきゃいけないことは意思を強く持たないとやっぱりできないけど、他の趣味やブログを始めてみようというところに至りました。ラッキー!

依存しているという自覚があって、離れたいと思っている方におすすめ!

そして、少し離れてみてまたゆっくりやっていけばいいんです、ゆるくていいんじゃないかな。

ではでは、今日はここまで。

最新情報をチェックしよう!