服飾専門学校に通ってる女子が通うメリットを考えてみた!

こんにちは~

寒いですね、、この間やっと手袋を手に入れ使おうと思ってまだ使ってないです(笑)

手洗いうがいで風邪に打ち勝ちたい( ˘-˘ )

話に入りますが、服飾系の専門学校に私は通っています。そこで服飾専門学校のメリットデメリットをあげたいと思います。今回進路について悩んでる方服飾専門学校を考えてる方の助けになればと思い記事にさせて頂きました。

私が学校を選ぶ時、この道に進む時に同じく服飾学校に通うメリットを検索した覚えがあります。

そこで見た事、実際に通ってみて違うなと思ったこともいくつかあったので参考までにご覧下さい。

服飾専門学校に通うメリット

洋服が縫えるようになる

私は縫ったことは中学以降なかったのですが3年目でやっとちゃんと縫えるようになりました。やっぱりやればやるほど上手くなるんだなあ〜経験だなあとしみじみと感じています。

わたしドジなので裏で縫っちゃったり、最初は直線も縫えなかったダメ生徒だったのですがいまは着れる服が作れるようになりました。(笑)

センスがよくなる

これ私すごく感じています(笑)

学校に通って美術館や博物館に連れてかれたり、ニューヨークでの研修、課題の調べ物、全てにおいて感性や自分の世界観を鍛えることが出来、センスというものがついたとおもいます。学校によってそれぞれだと思いますけどけど、センスの付け方、得る方法を学ぶことが出来る場所だと思います。

先生も服飾や芸術関係の展覧会や映画、など情報をくれたのと、行くべきと促してくれたので自分の経験になりました。

絵が書けるようになる

私は作る系の学科だったのですが、1年目はスタイル画の描き方や、服の描き方、色の塗り方といろいろ学びました。3年を通してみんな画力があがり相手にどんな洋服か伝わる、わかりやすい絵を書けるようになりました。まだまだな所もありますが、絵も練習のみですよね( ˘-˘ )

自分のすきな服や系統を掘り下げられる

わたしの学校は、自分のブランドを作りターゲット層から値段や服のデザイン、作り上げてファッションショーで発表するまで全部やることが出来ました。そこに至るまでに徹底的に自分を掘り下げてどんなものが好きか、どのような服を作りたいか、どのような雰囲気で行くのかと調べる授業がありました。今の私がいるのも自分を掘り下げたからだと思います。とてもいい経験になっています、大変だけど(笑)

嫌でもプレゼンをする機会が多い

どんなテイストなのか、どんな服を作りたいのか、どんな縫製でどの布で、と自分の口でブランドの説明をする機会が学年を重ねる毎に増えました。三年生になるとプレゼン、プレゼン、プレゼンと続き人見知りのわたしはしんどかった..けど、働くとプレゼンをする機会が多いと思うのでいい経験になってると思います。でも何回やっても緊張する..

その他に

いくつかメリットをあげてみました。

その他に、課題でillustratorやPhotoshopを使うことが多かったので使いこなせるようになりました。でも、課題をやるためにこのふたつとパソコンを手に入れる値段はとてもお高い...そこはちょっとだけど、学校で課題を終わらせてる友達もいたのでそれが出来れば大丈夫ですね◎

また、専門学校ではいろんな歳や国の方がいます。中国や韓国やほかの国の人がいました。服飾の専門学校はいろんな雰囲気の人がいてとてもみていて楽しいです。ロリータファッションの人もいれば、ピアスたくさんのパンクロック系や、アイドルのようなかわいい服の人や、ジーパンにTシャツとシンプルな人、髪色がすごい人、古着系、といろんな世界観を持った人が集まっていて、面白い!

最後に

わたしは専門学校に入って知ったことも多かったし、自分の好きなことだけ学べる幸せを噛み締めています。進路に悩んでる人も、選択肢のひとつとして考えてみてください。

でもやっぱり専門学校は辞める人が多いです..しっかり本当にやりたいことを考えて選んでみてくださいね~

ファッションショーの服を作り終わって落ち着いたら洋服を作って売りたい!ゆるいだぼっとしていてかわいい服!刺繍もしたいし、プリントもしたいし、ステッカーを作りたいし、展覧会もやりたい。色んなことをわくわくして考えています( ˘-˘ )

きょうはなにしよう?

一日を大切に生きていきたいです!

ではでは今日も読んでくれてありがとうございます。では、また次回!

最新情報をチェックしよう!